« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

蒜山の様子

060226hiruzen
昨日、年券を仕入に県北を回ってきました。気温は高かったですけど、ご覧の通り蒜山にはまだまだ雪がありました。川は前の晩の雨のせいで酷く増水&濁り。ライズはみつけられませんでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ちょい釣り

昨晩出掛けてきました。しかし途中から大雨で撤収を余儀なくされてしまい、結果としてちょい釣りに・・・。ライズするチビメバルを相手に苦戦してたら終わってしまいました(T_T)。お持ち帰りサイズは一匹だけだったのでリリース。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「車中泊を楽しむ」

shatyu
OUTDOOR HAND BOOK「車中泊を楽しむ」武内隆・著

いまだ少々へこみ気味ではありますが、98%程度立ち直りました(^^;)。釣りシーズンを前にというわけではないのですが(いや、ある?)こんな本を手に入れたので紹介しておきます。ざっと読んだ感想ですが、私のようにヘビー車中泊ユーザー(笑)からすれば、特に目から鱗の部分はないんですけど、どうすれば楽に眠れるかというノウハウだと思って読めばいいかもしれません。

・シート(というかベッドになる部分)はなるべく凹凸を避けフラットにする。そのために毛布やマットを用意すると良い。
・シュラフよりも布団が熟睡できる(布団の中はパジャマ等薄着がよい)。
・一日しか休みが無くても休みの前日の晩、そして休日の夜も車中泊にして出勤日の早朝帰宅するようにすれば、体が楽だし、二泊三日の行程の旅行が出来る(なるほど!)。
・レジャーマット、フリースの布などで、車内を床下を含め内側から断熱してやれば、驚くほど暖かい。結露防止、アイドリング防止(騒音や環境への配慮、一酸化中毒防止にも)になる。

これを読むとワンボックス車が欲しくなりますねぇ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

なんてこった

vibra
『Vibra is Back』CHIKADA HARUO&VIBRASTONE 1989.12.01
突然ここで一枚のアルバムを紹介。釣りに行く時に良くかけるのがこれ。本当はそんなエントリーのネタとして温存していたのだが、あまりにも衝撃的で悲しいことがあったので、今回こんな形で紹介するのである。アルバムについての詳しいことはここここなどを参考に。
この「Vibra Is Back」というアルバム自体は、DATによるライブ一発取りで、しかもインディーズ。彼らはこの後メジャーデビューして3枚のアルバムをリリースして活動を終えるのであるが、格好良さからいえば残念ながら最初の「Vibra Is Back」が最高だというのが私の主観的評価だ。今でこそ日本人による日本語ラップは珍しくないが、1980年代後半に既にこんな連中がいて、こんなこと(日本語+ホーンセクション+人力ラップ)をやっていたというのが凄い。多感な?大学生だった私は友人K君から教えられ、一発ではまったのである。今手元に持っているこのアルバムも彼に貰ったものだ。そのころ我々ごく少数の間では、邦楽に限定すれば、江戸あけみ率いる「じゃがたら」か近田春男率いる「ビブラストーン」が双璧であり、江戸が事故死して以来、「ビブラストーン」しかなかったのだ。渋谷クアトロのライブにもK君と共に何度か足を運んだ(多分ビブラストーンのライブテイクの何曲かに私の叫び声も少々入っているはずだ・・・)。
釣りばっかりじゃなくて、少々音楽にはまっていた学生生活も終わり、私は故郷で就職するため岡山に戻る。K君は一年遅れではあるが無事卒業し、九州へ帰った。私の場合、楽器ができる器用さもなく、大学卒業後は音楽シーンを追いかけることも次第に忘れ、釣りに没頭していたのだが、K君は違った。打ち込みで曲を作ったり、DJみたいなことを趣味でやっていたのだが、最近はVJ(Visual Jockey)として地元のクラブ等で活躍していた。
正直最近は疎遠になっていたのだが、17日の深夜、同窓のA君から電話があり、K君が急逝したことを知る。突然の訃報に戸惑う。思えば学生時代は唯一無二に近い友人であり、今から思えば青臭い理想論など含め、朝まで色んな事を語り合った仲だったことや、いまだによく聴いているビブラストーンのことが突然リンクしたのだ。

###
というわけで、週末は情報収集とブルーな気持ちでほとんど何もせず終わってしまったのである。なんだかなぁ。ご家族が学生時代の写真を求めているらしいので、探してみよう。何か出てくるとは思うけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海フライの本

というタイトルの単行本が、3月にフライの雑誌社から出る模様。本日付けのDMで知りました。なかなか期待できそう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の便り

daikon
先月、おでんをした時に余った大根の青首をトレーに入れていたら、葉が出て、ついには今日花が咲きました。ナタネ科の植物ですから、菜の花みたいです。色はこっちのほうが薄い紫で上品です。
しかし、夜撮影すると、なんだか春らしさより怪しさが勝りますなぁ(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

PhotoShop漬けの毎日

ひょんなことから、PhotoShop画像データ(200MB-500MBの画像×12個、レイヤー三ケタ)を作成しなきゃいけないことになり、毎日朝から晩まで格闘中です。業務用のバカでかいデータを扱うのには、CPUが早くて、潤沢なメモリー、大容量のハードディスクが必要だなぁってことをつくづく感じます。
肩が凝るです。(コマンドの待ち時間に欠伸も出ますです。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JCAアングラーズクラス出場

060212
JCA全日本インドアキャスティング大会(in岡山ドーム)へ行ってきました。大会関係者が知人なもので、直前に依頼を受けたものの、断りきれず(嘘)、いや、本当はたまたまその日暇にしていたので、アングラーズクラス部門(市販シングルハンドロッド10ft&#8以下+フローティングフルラインによる遠投競技)だけ参加してきました。JCA(JWC)の岡山での競技会に参加するのは、これで三度目なんですが、段々なんというんでしょう、焦燥感とか、練習しなければみたいな力みが抜けてきて、今回はなんとまったく練習せずにぶっつけ本番になってしまいました(^^;)。
しかもこの日初めて振る竿も含め三種類を会場に持ち込み、色々素振りをして競技用の竿をチョイスする始末。LOOP、POWELL、DAMONの内POWELL(AXS908-3)に決定。自分の持ち込んだフライライン(ウルトラ4)では距離が出ず、ラインは知人からマスタリーXXD(22.5m cut)を借りて本番に望みました。お立ち台に上がる寸前まで、何ともなかったんですが、上がった途端、意識が飛んで、自分でも無茶苦茶テンパってるのが分かるくらい。案の定力みまくり・・・。しかしなんとかお陰様で自己記録更新(30.71m)がでました。知人は親方F氏が36m代で1位、Y君が3位。素晴らしい。さて私は・・・はて何位だったんでしょうか?わかりません(笑)。その内結果発表があるでしょう。塚本さんはじめ運営スタッフの皆さんお世話になりました。
p.s.このブログからリンクしてるdaisakuさんとも現地でご挨拶できました。かわいらしいお子様、人工芝の上で熟睡してましたが大丈夫だったんでしょうか。

画像はY君の勇姿。後ろで見守るのはK原さん。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

久し振りのレポ

060211昨晩5時間ほど満潮前後を釣り歩いてきました。少しだけメバルさんもうわずって来たでしょうか。フローティングラインのリトリーブでも喰ってきました。キーパーサイズは2匹。その他チビ数匹。でも全部リリースです。ま、これからこれから・・・ということにしておきましょう。
デジカメのバッテリーが上がってまして携帯の画像しかありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牡丹(猪)

botan
本日の昼食の一部。今日は外食だったのですが、久し振りに寄った店に「イノシシ入荷しました」の看板が。焼いて喰いましたが、臭みもなくて美味かったです。牡丹鍋は何度か食べたことがありますが、焼いたのは初体験だったような。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

岡山も積雪

今日は昼からずーっと湿った雪が降りました。気温が高かったのでさほど積もりませんでしたが、帰宅途中、歩道がべちょべちょしてて歩きにくかったです。明日は寒くないという予報なので、朝凍結がないといいんですがね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

何もしない休み

唯一出掛けたのは、郊外のラーメン店。美味かった。
最近のラーメンブームはいったいなんなんでしょうね。ネットの普及と関係があるんじゃないかなんて思ってますけどどうなんでしょう。美味い店が結構簡単に分かるので個人的には助かってます。
古い記事ですが、ラーメンファンドまであるという朝日の記事をみつけたので貼っておきます。ファンドや集合施設に不動産会社も参入ラーメン熱はバブルか
さらにブーム終焉かという記事もついでに(^^;)「『麺喰王国』閉館で転機を迎えたラーメン・コンプレックス」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »