« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

スズキ君ゲット

070624sbass
最近仕事が押し気味のため、残業やら休日出勤やらで、釣りにもなかなか行けない状態である。こんな場合は時間的に夜釣りしか選択肢がない。土曜日は午後10時過ぎまで仕事をして、明け方の満潮狙いで出掛けてみた。
私がよくいく釣り場は、今時シーバスがイカを狙って常夜灯の下でライズをしているはずだ。スクイッドフライ(新作)を数本携えて臨んだのだが・・・。確かにイカもいてシーバスもライズしているが、フライには出ないのだ。逆にイカに抱きつかれる始末(フッキングしないけど)。なんかおかしい。そうこうしているうちに結構な雨。もう一箇所だけチェックして帰ることにする。
で、場所換えしたらいきなりスクイッドフライに好反応である。何回かフライに出るのだが、フックの位置が悪いのか、空振りばかり。そんならこっちにも手段があるのだ。ポップフライ(タンデムフックバージョン)でいきなりがっつんこ。さらに首尾良く今日はきちんと手元にタモがあるのだ。うしし。ジャスト60cmであった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

防水ワンセグ携帯

G'zOne W42CAが出てから約1年経過しましたが、後継の計画はあるのでしょうか。私は、その前の型式のTYPE-Rを使ってますが、そろそろバッテリーが不安な今日この頃。
・・・と思ってたら、近々同じカシオから防水ワンセグ携帯がでる模様。→W52CA
よくわかりませんが、製品型式?からするとこれって後継機種なのかもしれませんね。あまり丈夫そうじゃないですが、次はこれでもいいかなと思ってたりして。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

漂流教室

Hing本日(6月10日)は初の船アオリチャレンジなのだ。朝一に玉島の港を出て目指すは笠岡諸島。エンジン全開フルスロットルで凪の水面をかっ飛ばす。水島港沖の一文字を出たあたりで、船が急減速。どうやらエンジン回りにトラブル発生。船外機をチルトし、プロペラを外してチェックしたりもしてみたが、軸力がプロペラにうまく伝わらない。駆動系(クラッチ?)の異常のようである。自転車並の速度しか出ない。この速度だと笠岡到着は晩ごろになりそうだ(嘘)。


HtingH部長の知人の船に救援をお願いし、しばし漂流。しかし救援艇は意外に早くかっ飛んでやってきた。非常に頼もしく見えたのはいうまでもない。10時には再び出発地点の港に戻ってきたが、船釣りは散会である。参加者6名はみな適当に別れて各々釣りにいってしまった。
私も一応釣りモードだったので、とりあえずなんか適当に魚の顔を見ようと思って西の方に車で走ってみる。一箇所キビレ?と思われる魚が足下に見えた港があったので粘ってみた。だが、キビレらしき魚にアピールする前にフグさんに強烈アピールしてしまうようで、掛かるのはフグばかり。曇ると魚は見えなくなるし、なんかいい方法はないもんだろうか。夕方までうろうろしたのだが、今日はお魚様やイカ様のご機嫌も悪いようで、釣れる気がしないし、事実釣れない。この後シーバス君を一匹掛けたけどフックアウトして終了したのであった。
070610fugu
うーむ。先週といい今週といい、なんだか上手く歯車が回ってませんが、ひょっとして疫病神はこの私ではないかと思う今日この頃。お祓いが必要なんでしょうか。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

自作リールローダー

I316595sq02器用仕事(ブリコラージュ)系ソルト関連工作第二弾であります。
海で使うフライリールはバッキングラインを尋常じゃない量巻き込む必要がある。いくらラージアーバーだとはいえ、直径10センチのスプールだとしても、300mのバッキングラインをリールに収納しようと思えば、300÷0.314=955.4回も巻かなければならない。手で巻くと秒速2回転で巻き続けても約8分かかる計算だ。
で、そうなると世の中には色んなことを考える人が居て、画像のような商品が売られている。これはインパクトドライバーや、電動ドリルを使用し、楽をしようという目的のものである。ただ、こんな単純なものは自作してもたかが知れてると思ったのでさくっと作ってみた。
Reelwinder_g
■使用材料
・透明なオレフィン系樹脂の厚めのシート(オフィス用のデスクマット)
・ボルト×1、ナット×1、ワッシャー×2、座金×1
・スプールとローダーを固定するための結束紐(ビニタイ)、シェニール等

■作成手順
1.リールのスプールに合わせてシートを切り抜く。
2.ハンドル、バランサーの位置に合わせてシートに切り込みや穴を設ける。
3.リールとローダーとの固定用に小さ目の穴を複数あける。
4.センターにボルトを通しワッシャーでシートを挟み、続いて座金、ナットの順にはめ込み、締め付ける。(←このときインパクトドライバーがあると強く締め込み可能なので便利)
5.なお、ボルトとスプールが直接当たらないようテープ類をボルトの頭に貼ると安心かと。

所要時間10分程度で完成です。格好は悪いですが、その機能は十分だと思われです。なおドリル(ドライバー)にはソケットを装着して、ローダーを回転させます。

Reelwinder_n
ここでJOSEさんから質問がありましたので、ちょっと模式的な画像を追加で補足しておきますた。実際に巻いている様子ではなくて、セッティング事例ということにご留意をば。
この画像を見ていただければおわかりと思いますが、バッキングラインはライン・スプーラー側でテンションを掛けられますので、そこである程度の負荷調整は可能です。また私の使ってるドライバーはインパクトドライバーなので、巻き込むパワーに不足はありません。トリガーの引き具合によって回転速度も調整できます。9,800円の安物ですけど。
ただ、あまりきつく締め込むと私の使ってるような樹脂製の安物ライン・スプーラーだと摩擦熱が心配ではありますねえ(^^;)。
Loader_spooler

| | Comments (7) | TrackBack (0)

オフショア中止でメバル

070602meba
タイトル通りとなってしまいまいした。天気ばっかりは仕方がないですね。
とはいえ釣りに行く気満々だったため、近場の海へ出掛けてきました(^^;)。
大潮の土曜の晩で釣り客も多数だったので、空いているところを拾って釣り歩くというスタイルになっちまいましたが、場所によっては魚の活性が高く、入れ食いモードの場所もありました。
ところで、最後にシーバス君(推定50cm)を掛けてしまいましたが、本日はタモがなく、焦りました。魚を寄せるとこまではいったのですが案の定ラインを持ってのランディングは口切れを起こしてしまい、リリースとなってしまいました。
実はタモ網の網を紛失してることが準備の段階から分かってましたので、諦めもつきますが、こんな時に限って魚は掛かってしまうもんですね。網を買いに行かなくては・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »