« 残暑お見舞い申し上げます | Main | 4ヶ月振りに川へ »

篭の中の鳥

久し振りに更新なのだ。仕事やら用事やらに忙殺されていたが、ようやく落ち着きを取り戻しつつある今日この頃。この三連休、釣りに行こうかとも考えていたが、天気が悪くて断念。家でのんびりすることに。
タイトルの件、私の状況とも似てるのだが、実はちょっと違う。金曜日の晩、買い物のために家を出たら、すぐそばの道路にうずくまっている小鳥を発見。このままでは近所のノラネコの餌食になるか、車に轢かれそうだったので、とりあえず家に持って帰って保護した。雀くらいの大きさで、最初はウグイスかとも思ったのだが、ヨシキリの仲間?のようである。
翌土曜日、某鳥獣保護センター(某動物園)に保護してもらうため電話を入れる。どうも話を聞くと、まず今時点で飛べるかどうかを念のため確かめて欲しいとのこと。車や窓ガラスに激突して、気絶していただけの状態であれば、ちゃんと飛べるように回復している割合が高いらしい。
近くの公園にいって、ゲージの蓋を開けてみる。よたよたとであるが、飛んでいった。すぐ近くの樹木の梢に留まった。大丈夫かどうかはわからないが、こうなるともう二度と捕まえられない。達者でな。まあこれで良かったのだろう。

今週末は、篭の中を私も脱する予定である(たぶん)。Yoshikiri

|

« 残暑お見舞い申し上げます | Main | 4ヶ月振りに川へ »

Comments

やぁ、お久し振りですね。
私は、9月も半ばを過ぎたというのに暑くて嫌になってますが、oritaさんは調子上昇気配でしょうか。(^^)
月末は出かけられそうですか?なんとなくお天気が心配ではありますが・・・

Posted by: jose | 2007.09.18 09:08 PM

九月になって数回イワナを捕りに行ってきましたが、例の谷は砂で埋まっていました。逝かれるときはご注意を!

Posted by: 出スラー相当 | 2007.09.19 12:40 PM

>Joseさん
毎日暑いですね。今週いっぱい暑いらしいですが、どうにかしてほしいです。
今年と来年は仕事絡みで、釣り生活はちょっと赤貧状態だろうと思ってましたが案の定・・・。来月からまた忙しくなりそうです。
でも月末はおkですよん。

>でスラーさん
むむむ。砂ですか。
結構土砂降りの雨が、今シーズンは多かったみたいなのでねえ。
情報ありがとうございます。

Posted by: orita | 2007.09.19 06:51 PM

野鳥や獣が弱ったり死んでいる場合、今は触らない方がよいと思います。病気で弱っているかもしれません。

冬になれば鳥インフルエンザの可能性も出てくるし、人畜共通感染病に罹る可能性があります。残念なことですが、死んでいる場合には手で触らないようにしてビニール袋に入れて廃棄する。弱っている場合には、自然の摂理にまかせる。これが良いようです。また、大量に死んでいる場合には、保健所に連絡して調べてもらうことも必要になってきます。
こんな寂しい話は書きたく無かったのですが、そういう時代だ思って、ご容赦ください。

さて、私も鳥取に3回出撃しました。
全体的に厳しいですが、竿抜けがあったり、雨が降って再活性化されると良い重いをさせてもらえるようです。昨日は3カ所に入り、最初の1カ所でだけ、思うような釣りができました。

Posted by: Furu | 2007.09.24 07:27 PM

>Furuさん
鳥インフルエンザもありましす(た?)ねえ。
すっかり忘れてましたけど(^^;)。

以前に比べて、動物にうかつに触れなくなったという印象は私も持ってます。いやな時代ですね。

Posted by: orita | 2007.09.25 06:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 篭の中の鳥:

« 残暑お見舞い申し上げます | Main | 4ヶ月振りに川へ »