« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

シリコーン変性熱可塑性ポリウレタンエラストマーシートを被せたシリコンレッグイカパターン

08013silisqうぉぉ。無駄にタイトルが長い。
エントリーの順番からしてイカパターンにいきつくのがネタとしてオイシイ流れになっているのだが、なかなかいいのが巻けなかったのだ。これもまだまだ不満があるが、二度と巻く気が起きなくなるような、凝ったリアルパターンも嫌だし、ちょっと妥協しちゃった産物なのである。
ところで、胴体というかエンペラというべきか、なんとなくイカを主張するこのフライの被せものは、正式には「シリコーン変性熱可塑性ポリウレタンエラストマーシート」っていうのだけれど、実はパソコンショップで手にはいるの知ってました?これは色々使い道がありそうな「薄いけど弾力があって、なおかつ丈夫なシート」なんだけど、要するにキーボードカバーとして売ってるあれです。
興味を持った諸君は「ELECOM ピタッとシート」で検索してみやう。080131silisq_hv_2

| | Comments (6) | TrackBack (0)

シリコンレッグミノー

Siliconleg_minnow
なんかまた似たようなマテリアルで作ってますが、今「マイブーム」なんでお許しを(笑)。
これは、少し補足が必要かもしれないのでレシピを書いておくのだ。備忘録?

1.ウレタンチューブにフックを刺し、5ミリ程度テールのコアとしてフックの後ろに出す。
2.チューブの上から内臓イミテーション用のリフレクトマテリアルを巻く。
3.フックアイ付近にシリコンラバーレッグを取り付ける。
4.熱収縮チューブφ2mmを4mm程度切り出し、折り返したレッグを通しテールに固定。
5.熱収縮チューブを熱し収縮させる。
6.クリスタルアイを瞬間接着剤でとりつける。
7.ウルトラSUで段差を解消&空隙を埋め、フィニッシュ。

お気づきだと思いますが、熱収縮チューブを使わず、スレッドで巻くとマテリアルがフレアするようになるのであります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

稚魚

080127smallfry卵を抱えた稚魚をちょっとイメージ中。
この土日は出張疲れや休日出勤もあったりして釣りに行かず。変なフライをせっせと巻いてすごしておりまする。ところで、出張中空いた時間を利用してマテリアルを色々あさってきたのだが、基本的には補充なので、こいつはすげーやってのがないのよねえ。
でもまあ、なにか面白そうなのが出来たらレポする予定でありまっす。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

氷雨、メバル、アジ

080123mb3平日に悪巧み釣行の予定を組み、いざ釣りに出掛けたら酷い天気・・・ってよくある話。今回Jose氏と私がまんまとその罠にはまったのであった。
しかし、捨てる神あれば拾う神あり。メバルのスイートスポットをみつけたため、メバルに関してはかなり数が釣れた。
でも冷たい風と雨で長時間釣ってると、案の定あまりの寒さに二人ともダウン。午前4時前、車で寝る。翌朝、今度は仔アジのスイートスポットをみつけてしまい、二人でアジをやたら釣ってしまった(近くに来ていたサギにもお裾分け成功)。天気は酷かったけど釣りとしては結構満足。今回テストしたフライもなかなか良い働きだったし、これでいいのだ。080122_23mbp4Joseさん出張帰りでご苦労さまでした。


ところで、夜釣れたアジと朝釣れたアジって違う種類なんだろうか。体型がかなり違うと思われた。


080123aj1夜アジの画像


080123ajjこっちは昼のアジ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

スモールラバージグ用シリコンスカートを使用したワームライクなフライ

Siliworm前回マッチザベイト作戦に敗れたため、ちょっと志向を変え、反則気味な雰囲気もあるが、それを形にしてみた。計3パターンほど。んで、昨晩雨の中(^^;)テストに出掛けた。結果はどれもすこぶる良好であった。
個人的には真ん中のデザインが好きなんだけど、甲乙つけがたし。一番上のパターンが色々と応用が効きそうな感じ。

マテリアルのぷるるんとした柔らかさや、ある程度質量があるので水中での慣性的な動きもするし、総じてナチュラルな生命感的な印象を与えるから魚に効くんだと考えてるんだが、真相はどうだろうねぇ。

とりあえずワームを空針で投げてもいいけれど(わたしゃーそれをやってしまうタイプ)、そんなときに陥りがちなフライフィッシャーのアイデンティティ問題をぎりぎり避けられると思われますです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

本気でメバル狙い(途中棄権)

土曜日の晩に出掛けてみた。今回は前回のストマックを参考にアミ系フライをせっせと巻いていた。寒いにもかかわらず、釣り客多数。したがって今回はシーバスポイントに入ることは出来なかった。みんな好きですなあ(自分も含め)。
今回巻いたアミ系フライは、シェルにシリコンラバーを2本使いしてアンテナ兼用にし、ボディマテリアルはハックルウェブを使用し、リビングのナイロンスレッド(ブラック)の間からかき出すというシンプルなパターン。
効果はまずまず。さくっと結果は出たのだが、使ったフックが悪いのか、フッキングに難あり。当たるけど乗らない。さらに、魚が表層付近にサスペンドしてフィーディングしている場所があるんだけど、そこで魚の反応をみると、ほとんど魚の興味を引かないことがわかったのであった。(ここでは、別のボリュームのあるフライでは釣れたけど)。もう少しファットで存在感のあるパターンの必要性も感じられたのである。また宿題が増えた気がする。
で、これからと思った矢先、午後11時半頃から急に風が強くなり、非常に寒い。釣る気も減退。もっとも、天気予報によると明け方雨、もしくは雪の予報だったので、はじめから早めにやめるつもりだったのもあり、ストップフィッシング。わずか4時間の調査であった。080119mb

| | Comments (2) | TrackBack (0)

メバルのストマック

080113mbstmc(画像提供K原氏)
土曜日のメバルのストマック。6ミリ前後の甲殻類系(アミ?)と環形動物っぽい何か(ウキゴカイとかかなあ)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

K原さんとメバル調査

080113m1行って参りました。
先週の調査内容によると、非常に厳しい結果になるのではないかと危惧されたのであるが、終わってみればキーパーゲット数はまずまずであった。これはひとえにルアーマンK原氏の活躍によるもので、私のキーパー数はメバル×2、アジ×2に過ぎない(^^;)。
メバル釣りに関して、タクティクスを変えねばなりませんのぉ。
K原さんまた来月くらいいってみましょう。

ところで、今回タチウオポイントはまったくの沈黙であった。もうさすがに時期が終わったのであろうか。
本日のレザルト。080113mbr

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アフターファイブ・・・(その2)

こんな暖かい日はなんかあるのではないかと思い(ここまでは昨日と一緒である)、食事が終わってから釣りに出掛けた。昨日と違うのはのんびりテレビなんかみてたもんだから釣りする時間が殆どなかったってことである。だから1時間で撤収。ライズは昨日ほどではないが、あるにはあった。
以上。ミッションコンプリート。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

アフターファイブで一発

こんな暖かい日はなんかあるのではないかと思い、仕事が終わってから釣りに出掛けた。とはいえ、遠くへはいけないのでふらふらと近場のポイントへ。最初のポイントは小さいシーバスが時折ライズなんかするんだが、難しい。一回だけ足下までゾンカーを追いかけてきたのが見えただけだ。
一時間強同じポイントで粘ってみたが、あんまりいいことなし。フライをかなり交換してみたけど正解は掴めなかった。移動する。

080108sb1二番目のポイントはまったく初めての場所。とはいえ前から魚が居ることだけはルアーマンから聞いていたので知っていた。小さめのゾンカーでシェードの際を通す作戦は反応無し。しかしやや沖目でライズ発見。ボラかと思いつつも半信半疑で移動。フライをオフセットフックの「軽量ポップリップ(リップは軟質塩ビなんだけど耐久性向上用パッチあて済みバージョン)」に交換。ライズめがけて投げること数投。やややわらかめのごごんというアタリが手元にきた。乗った。

そんなに大きくなかったのでたいして引かなかったが、43cmのシーバスゲットである。その後、一気にコンセントレーションがアップして投げ倒したが、結局この一匹のみ。まああんまり粘っても、次の日に差し障りがあるといけないので納得して納竿。なんとか釣りが成立してよかったかも(偶然かも(^^;)・・・いやこれは不幸の始まりかも)。

080108sb_ofppl

| | Comments (4) | TrackBack (0)

新年早々タコった・・・

1月4日、この日は仕事初め。その晩釣りに出掛けた。釣り場はどこもけっこう混んでいた。私がよく入る場所も先行者が。そのため二級ポイントをうろうろして釣り歩くスタイルとなった。しかも魚の活性も低いようである。080104tako
某所で小さなタコが釣れた(というかフライに引っかかった)、今年初物はなんとタコである。なんかこれが今年の釣りを暗示してませんようにと念じつつ、イージーメバルさんにでも癒されに行くかとメバルポイントを回ってみるのだが、なんか異常に難しい。イージーじゃない。チビッコ以外釣れないのである(最初はチビッコすら釣れなかった)。その後、正月にせっせと巻いた怪しいフライに、シーバスらしき魚と思われる魚信が二回あったが乗せきれず。
明け方近くになって活性の上がったタチウオ狙いをしてみるのだが、フライに4〜5回出たがフッキング出来ずじまい。あきません。いいことなく納竿である。画像を押さえたのはタコだけ。

1月5日。昨日の不甲斐なさや、前日の実地テストの結果、性能的に要改良なフライを直したりして、またまたお出かけしたのである。今日はまずいきなりシーバス狙い。魚が居さえすれば割りとイージーに釣れる場所がたまたま空いていた。確かに魚は居たのだが、オチビさんが多くしかもセレクティブときた。粘ってアタリパターンを探る。メバル用の小さなゾンカーがまあまあの反応ありであった。やっとこさ25〜20cmのシーバス2匹ゲット。(ここで3時間も粘ってしまったのは秘密である)。080105sbass

大きく場所換え。今日も釣り人がけっこう居る。まじめにメバルを狙ってみるのだが、昨日同様苦戦。かなり難しい。シーバスも寒くなって沈んでしまったのか、いつもの場所でも姿が殆ど見えなかった。しかしタチウオ君はなぜかまだ高活性で、今日はリップ付きイワシミノー(下半身ハックルバージョン)によく当たる。3本水揚げ。
080106tachi

しかし、夜明け前になぜかいつもと逆に活性が下がる。寒いからかなあ。しかもジモティのカブに乗ったノーヘル厚顔無恥おっさんが、横入りしてきた。腹が立ったけど、まあこれも潮時なんだろうと考えて納竿。今度あったら鞭打ちの刑じゃ(嘘ぴょん)。
080106asa

| | Comments (6) | TrackBack (0)

謹賀新年

Mfly08あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
年末になって急に寒くなってしまいましたが、皆さんお体にはお気を付けて。さて、初釣りは来週くらいかなあ。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »