« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

フライの準備完了?

Afdp_p2250001久しぶりにフィッシングベストの中から早春のミッジ用ボックスなど出してみて、驚いてしまった。なんと在庫がたんまりあるではないか(一部超マニアックな場所でマニアックな魚ゲットの目的で使うニッチ商品=使えないのもあるが・・・)。そういえば、去年あんまりミッジの釣りしてなかったし、結局湯原も一回もいかなかったからなぁ。これならあまり補充しなくても大丈夫そうなのだが、どうも仕事がらみで今年の解禁日はパスせねばならない気配濃厚となってきたのである。・・・ピンチなのじゃ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

釣りにも行かず・・・part2

お気楽こたつMac生活もすっかりなじんで、出かけられない状態が継続中。今日は08シーズン用の鑑札でも買いに出かける予定だったんだけど、ワイフのつきあいで買い物いったりしてたら時間切れである。
ところで、ワイフ用のiPod nanoが今週やってきたんだけど、これがまたよくできてますな。本日沖縄民謡系のCDを5枚iTunes経由で入れたんだけど、すごく楽ちん。私も欲しくなったのだが、ああ金がない・・・。
さらに、前のパソコンでは、音声と画像がかなりずれるのでチェックをほとんどしてなかったYouTube。70〜80年代の音楽動画を探してうろうろしてると懐かしい映像が沢山。そのなかでも個人的なヒットはこれ。高校生の頃にも聴いてたけど、その頃は微妙な評価だったデビット・ボウイ。しかし、「Heroes」のライブ映像をみつけてなんか得した気分。昔のとんがってた頃の雰囲気は抜けてて、いい感じの格好よさを再発見。同じ年齢を重ねるなら、こんなおっさんになりたいもんですな(爆)。
さてこの調子だと、土曜日から川は解禁なんだけど、はたして今年は釣りに行けるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釣りにも行かず、こたつ生活

080217mackbookこの土日は寒い上に、嫁さんが仲良くしてもらっていた近所の猫が風邪をこじらせて死んだりと、釣りに行く気にならなかった。いや、本当は新しいマック(Macbook:MBO62J/B、OSはレパード)が我が家にやってきたので、土日はずーっと遊んでいたのであった(ほんのちょっぴりタイイングもしたけれど)。
AirMacも同時に入手して、あこがれの「こたつdeMac生活」満喫中なのだ。我が家にあるマックはCPUが最速でもG3だったし、OSもときどき10.2を触っていた程度だったから、激変に近い変化である。快適なので、しばらくこたつから出られそうにない。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

携帯電話リプレース

080212w61ca使っているG'z ONEのバッテリーがそろそろ弱ってきたかなと思ってた矢先、いい具合にW61CAがカシオから出たので機種変更してみた。しかし、こいつも一応防水仕様なんだけど、かなり華奢な感じで、はたして釣りバカさんのハードな使用についてこられるのだろうかという一抹の不安が払拭できない(笑)。
ところで、取り説に「濡れたら振れ」と書いてあるのもちょっと面白いかもと思って画像におさえてみた。前の電話から2年以上たってるんだけど、今度のはテレビも見られるし、お財布ケータイにもなるし、PCビュアーも付いてるし、携帯電話ってますます多機能になってますねえ。でも全部の機能はたぶん使わないと思うけど。
で、買ってから重大なことに気が付いた。これってサブディスプレイがないのである。携帯を時計代わりに使うには少々不便かもと思い、7年振りぐらいに腕時計を買った。しかもこれもカシオ(Gショックの安物)。結果からみれば、カシオさんの戦略にはめられているようにも受け取れるのだが、気のせいだろうか(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新稚魚パターン「GBGBFF」のテスト

I tested a new fly yesterday. I named this "GBGBFF".(glass beads glow back fry fly=グラスビーズ夜光バック稚魚フライ)080210mb1
うちにこもってタイイングばっかりしてるのも飽きたので、釣りに行ってきた。結論から先にいえば、このフライは釣れる。しかしちょっと昨日はテストとしては条件が悪かったと思う。いや、渋いながらも他のフライよりも若干優位かもしれないとは思ったのだが、いかんせん、昨日は本命ポイントが全滅に近い状態だったので、ほとんど比較ができず、テストとしては失敗なのである。
最初の様子見ポイントでこのフライで三つ、他のフライで一つ魚をゲットしたところで、あとからやってきたルアーマン数人に囲まれるはめになりテスト終了。この間わずか1時間ほど。
080210mb2
本命ポイントがあるからいいのさと思ってさっさと移動したのだが、なぜか本命ポイントが今回魚っけが超薄いのであった。いや、正しくは数度のバイトはあったが、合わせ切れしたり、すっぽ抜けたりで、すべてバイトをものに出来ず、結局本命ポイントでは○ボ。寒いのに朝まで頑張ってなんにもいいことなし(途中シーバス調査に浮気もしたが、これまた撃沈)。あとから思えば、最初の場所で粘っておけばよかったなあと反省する次第である(^^;)。また再テストするのだ(予定)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カベラス'08カタログ到着

今年もカベラスのカタログ到着。ロッドに関しては、色々なメーカーが値上がりしている模様orz。
特にこれといったネタはないのだが、セージのバス用ロッドがなんとなく欲しいかも。バス釣りたいってわけじゃなくて、マングローブのカヌーフィッシングとかを想定すると、7フィート11インチという長さはとり回しがよさげなんだけど、わざわざ買う必要があるかどうか・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

my sweet honey

P2040004sqgb2みなさんからのヒントを参考に巻いた、前回のレポでも触れたグラスビーズ内蔵(内臓?)の稚魚タイプ。あまりの可愛さに自画自賛(親ばか)的量産中。
これは夜光チューブの外周をSUコーティング済みバージョンなので、耐久力がちょっとアップしてるはずなのだ。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

シリコン系フライ試験釣行

今回の目的は、最近ハマってるシリコンレッグパターンでメバルを釣ることであった。いや正確には前回の釣行で、それらが魚に効くことは判っていたので、他のバリエーション、特にイカ系と稚魚系がどうなのか試してみることが真の目的だったといえよう。
080202mb1normまず、これは一番ノーマルでシンプルなシリコンレッグミノー。(画像は、出るとまあまのサイズ[出ないことが多いorz]のちょっとリスキーなポイントにて)。今回やや小さめのタイプを巻いてきたので使ってみた。ここではこれ一匹で終了だったが、他の場所で数匹ゲット。まあまあ合格ですな。
潮が悪いっちゅー話もあるが、今回は前回ほどの爆発力がない。まとめてばたばたっとは釣れない。一箇所でぽつぽつという感じなので、あちこち移動しながらの釣りをしていた。

080202mb2sqつづいて、イカパターン。他のパターンよりさほど優位性は感じられず、普通に釣れたって感じだろうか。潮のせいにしておこう(^^;)。というか、小さいイカのシーズンが本格的になるのは春以降らしいので、実際にはアンマッチなんだろうなぁ。あたりはまああるのだが、このサイズのフライが口に入る魚のサイズを選ぶようだ。フライの性能としては、悪くはないと思う。

080202mb3fry最後に夜光玉稚魚パターン。これはけっこうよく反応した。ただし、魚のサイズもダウンサイジングしちゃうので(≒小さい魚でも口に入りやすいからだろう)、なんでもいいから釣りたいとか、数を稼ぎたいとき用かも。
今回、稚魚系にちょっとまた別のバリエーション(ボディにグラスビーズ、チューブを夜光ウレタンパイプにしたもの)も使ってみた。テールのシリコンは大丈夫だったが、夜光ウレタンのパイプが素材として弱いことが判明した。数匹釣ったあと気が付いたのだが、テールの根元を保護する部分2〜3ミリが縦に4箇所裂けていた。夜光塗料の成分が混ざっているためか、ややノーマルのチューブより強度が落ちるようである。たぶんチューブ全体を接着剤等でコーティングすれば問題はなさそうな感じだけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »