« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

本艦に再度潜行命令下る

昨日の今日だが、本日夕刻、我が艦が浮上しようとした先には機雷が多数あることが判明。
ただいま俯角四十度で急潜行中・・・。四月はオワタ模様。

(わかりやすく翻訳)
年度末の仕事が一山越えたと思ったら、四月中にもう一つ大きな仕事を片付けろと命令が本日下ったっちゅーわけですね。短い春でした。
よーしやったるでー。ただし平日休んじゃる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

本艦はまもなく浮上予定

近年まれにみる潜行深度の長時間潜行ミッションも終わりに近づき、まもなく海面まで浮上の予定。
一部でご心配おかけしておりますが、暫し待たれたし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

不織布を使ったリップの付け方

Afdp_p3160009ああいそがしい。今日も出勤してました。年度末って嫌いなんですが、今年は例年以上の商売繁盛ではっきりいってまいってます。。。orz
ところでswcfさんが素晴らしいリップパターンを開発されてますが、それに感化されちゃったというわけではなくて、じつはもっと前から巻いてたやつです。魚が釣れたら公開しようと思ってたんですが、この調子だといつ釣りに行けるかわからないので、試作のまま公開。
これはお茶パック用の不織布を4枚ほど重ね、ウルトラSUで固めたマテリアルをリップにしてます。リップの付け方に少々こつがあるので、補足しておきます。最初にリップをつけるとタイイングが難しいのでリップは最後になります。またリップをスレッドで固定するため、フックのアイの根元に3ミリ程度の余裕がないといけません。
まず完成形よりやや大きめの大きさにホームベース型のシートを切り出して用意します。その頂点の付け根部分に3ミリほど真ん中に向かって切り込みを入れます。切り込み部分を前にして、フックの下からリップを水平になるよう固定し、切り込みにスレッドを通し、リップを固定します。
スレッドでリップが固定できたら、ちょうどフックを裏から見るとリップの真ん中が盛り上がり、シート状のストーンフライのウィングマテリアルがついてるような状態になってるはずです。ここでリップを持ち上げて反対方向に折るとリップが概ね完成です。あとはリップを最適な大きさにはさみでカットし、ウルトラSUで補強(特にリップ裏側の根元付近を重点的に)すれば完成です。テキストで書くと長いですが、画像見れば簡単なので下の画像を参考にして下さい。
Afdp_p3170001マテリアルなしで素のフックにとりつけてみましたが^ ^; ・・・。
まずこのようにフックの下側からとりつけます。普通の感覚からすれば逆さまかもしれませんね。でも理由があるのです。次の画像を見ればおわかりかと思いますが、こうすることでリップを折った時に3次元的なテンションがかかり、リップの形がある程度固定されるようになります。ただしそれだけでは弱いテンションですので、接着剤等で補強を後からしてやる必要があります(そうしないとリトリーブ中にリップが元に戻ってしまいます)。
Afdp_p3170002では皆様よい釣りを。私はまた暫く潜行いたします。ぶくぶくぶく。。。。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

メバルあぶれ?釣行

Afdp_p3070004sb渓流も解禁している。だけど、メバルのぷるっとした小気味よいひき味も捨てがたしである。メバルだって春を告げる魚ともいうではないか。それじゃあ海に行きましょうってことで、出張でこっちに来ているJoseさんといっしょに海へ出かけた。
ところが、メバルがいつもならいいかんじでいるはずの場所が不発続き。なんかおかしいのである。最初に竿を曲げたのはなぜかシーバス(40cm+α)。フライはメバル用の稚魚パターン(シルバー系透明グラスビーズバージョン)であった。これでほっとするもののメバルはどこいっても沈黙。某所ではいつもメバルがいる場所が、仔イカ&あやしい小型軟体動物の群れに占拠されているのを発見した。どうも今夜は明かり直下にはメバルがいないようである。
Afdp_p3080007何カ所か回って、ある港でようやく釣れるパターンを発見した。かなり潮もひいていたのだが、やや沖目のシャローを狙ってひっぱる作戦である。ばたばたっとちびっこばかりだったけどメバルゲット。苦労しただけに、こんな小さなメバルでもさっきのシーバスよりもなんだか嬉しいぞ(笑)。
同じ狙い方でJoseさんもさくさくっとメバルゲット。なんとか釣りは成立したのであった。しかも気温がけっこう下がり、氷点下になる始末。指先の感覚が麻痺した。こんなにメバルで苦労したのは久しぶりのような気がする。

つーわけで取り急ぎ簡単な報告でした。
今現在、年度末突貫仕事モード突入中につき、先が見えない状態なのだ。次回は海なのか?、河なのか?、あるいは、今月は釣りに行けるのだろうか?、などを含め、何も予定がたってない。
気長に次回レポ更新をまたれよ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

解禁あけましておめでとうございます

Afdp_chincsaltおはようございます。今日は中国地方では多くの河川で渓流の解禁日ですが、釣りに行かれる方は是非楽しんで行ってきてくださいまし。
私は女房殿から土産にもらったちんすこうでも食べて休日出勤に勤しむ予定です(T.T)。とはいえ、今年度と来年度は「しのぎ」がハードスケジュールなのは最初からわかっていたことなので、おいおい忙中閑ありのゲリラ的抜け駆けストラテジーの予定です。つーことは秘密釣行が増えるつーことかな・・・?(爆)
まあともかく、みなさんお怪我のないようがんばってきてください。よい釣果を祈念しておきます。
(このエントリーは時間指定で書きました。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »