« March 2016 | Main | May 2016 »

April 2016

里川と大場所(再編集)

4月24日。
昼前からウロウロしてアマゴとイワナとヤマメ&ウーちゃんをやっつけた。

とりあえず詳細はまた後日。

ま、超簡単に書けば2行目の通りなんだが・・・
それじゃあまりにも手抜きなので少々脚色をば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日曜日、二度寝して目覚めたのが午前8時過ぎ(爆死)。
ということはあまり遠くにも行けないので、ちんたら地道を走って、県内の某所へ。
(前回オフ会の後に残業したところですな。これで無事減価償却完了。)

前回イグジットしたところから再開しようと思い、その場所に到着したのが午前11時を大きく過ぎていた。
不幸にも先行者の車があり、車の直ぐ下の川にいる釣り人の後ろ姿も確認できたので、向こうさんも到着したばっかりのようである。

寝坊しなきゃよかったなあ。
まあ今日は雨後の日曜日なのでしょうがないねえ。
市内は暖かったが、曇っていて若干肌寒いくらい。

一気に500mくらい下流に降りて、そこからエントリー。

Continue reading "里川と大場所(再編集)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オフ会in the foehn phenomenon

4月16日。峠を超える前、最寄りインターチェンジを出てすぐの路側温度表示計は2度を示していた。
こいつは寒いかもと思いきやトンネルをくぐると気温は二桁を超えていた。しかも風が強い。

毎度恒例の春のオフ会。
今日もいつものメンバー(私、Toshiさん、Misagoさんの三人)で大山周辺をウロウロする予定。
最初に入ろうとしたイワナの谷その1は先行者有り。さらに谷その2も同様に餌師の車が鎮座していた。

Continue reading "オフ会in the foehn phenomenon"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

カムパネラ初仕事

4月10日。
本当は前日の土曜日に釣りに行きたかったが、諸般の事情によりまたまたサンデーアングラー。
今回はさくっとカムパネラ君に仕事をしてもらうこと優先で、釣れそうな場所優先・・・だったはずなのだが、行くところどこも厳しい感じ。

三カ所目のイワナの谷でなんとか反応あり。
なんか水温がまだ低いせいか、魚の反応がゆっくりで、フライに出てもどうも早合わせしすぎてしまい、バラシ先行orz。
しかも流れの緩いショルダーの部分でフィーディングしてるようで、何匹も走らせてしまった。
いつまでたっても下手くそだねえ。

0410cpi


Continue reading "カムパネラ初仕事"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カムパネラのロッド逝ってみた

以前の釣行でセカンドセクションを折ってしまったウィンストン君。
先週神戸にあるT’sこと津田商会に保証修理で送ってしまった。
これからアメリカに送って直って帰ってくるのに4〜5ヶ月掛かる見込みである。
となると、今シーズンは殆どウィンストン使えない状態となりそうである。

前々から少し短めの竿が欲しいなあと思っていたので、
色々探してみると、ちょうど岩手のフライロッドメーカー、カムパネラさんがSuper Lightシリーズを3月中旬にリニューアルしたとの情報を得て、c4794SL (4pcs 7ft9in #4)というモデルを買ってみた。

受注生産なので概ねオーダーから到着まで2週間ほどみてほしいといわれ、
待つこと10日。やや早めに手元に届いたのでご紹介。

Continue reading "カムパネラのロッド逝ってみた"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

様子見その2

4月3日。春の人事異動で勤務先が若干変わったため(隣のビルに変わった程度だが、仕事内容は大きく変わった)引継ぎ書作ったり、片付けしたりでヘロヘロ状態。しかし時間が少しできたので午後からあいにく天候が崩れるという予報だったが、様子見に川へ出かけてみた。
近場のポイントその1イベントがあったり、先行者がいて竿が出せず。ポイントその2に賭けてみるがノーフィッシュ。
ここは今年は駄目ねえ。

その後本流筋を様子を見ながら流していくが、脂鰭のついたお魚のライズはほとんどなく、思い切って水系を移動。

移動した先でやっと反応があった。
0403a

うーん。でもそんだけだった。
この後良いサイズもでたが、乗らなかったり、合わせ切れ(悲)したりして追加無し。
しかしここはおまけというか前菜ポイントで、この上の区間が本命だったりするので、気分的にはのんびりしていた。

だが、何故かいつもは釣れる本命区間、かなり苦しい展開。
数百m歩いたが、魚が反応したのは一度だけ(先行者の直後なのか、相当抜かれたのかどっちかだろうなぁ)。
しかも激しい雨が降ってきて万事休す。途中で断念した。残念無念であった。
別の水系行けば良かったかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2016 | Main | May 2016 »