« 播磨灘シイラ | Main | いつのまに »

冬の児島湾

12月28日。釣り納めで児島湾。なんと釣りは9月のシイラ以来3ヶ月ぶりだ。

 

実は原因不明のアレルギー反応(全身の蕁麻疹や花粉症に似た症状)で病院通いだったりで、体調不良のヒッキー生活だった。検査したけど特定のアレルゲンは結局はっきりせず、おとなしくしておくほか無かったのである。
(あ、今も残念ながら完治はしていない・・・)

さて、お約束的な年末の児島湾シーバス。寒波も一時的に緩んで、べた凪に近い状況。misagoさんとマリンTデザインさんの船に乗り込んで、釣り開始と間もなく、ポンポンと比較的イージーモードで釣れ続いた。

途中、入れ食いになったり、文字通り片手でラインもあまり出さずロールキャストだけで片手間にラッキーフィッシングしてみたり、ライン周りやグローブがトラブったり、良いアタリを連続して外したりと楽しいことと楽しくないことを相互に繰り返しながらも、釣果だけは沢山得ることが出来、冬の児島湾シーバスを堪能したのだった。

ストラクチャーにタイトに付くグッドサイズを釣るのも楽しいけど、ストラクチャーから離れたオープンエリア(明かりとヨレはあるんだけど)でフローティングラインを使って入れ食いという状況は非常に楽しかった。満足したなぁ・・・。

 

追記

高木船長のブログから画像拝借^^;

|

« 播磨灘シイラ | Main | いつのまに »

Comments

Oriさん、お疲れ様でした。

色々微妙な体調のようですが、十分に養生をしてください。
今年の締めは、順当に児島湾が癒してくれたので穏やかに新年が迎えられそうです。
お互いに来年も良い釣りが出来ますようによろしくです。

Posted by: Misago | 2021.12.30 07:19 PM

Misagoさんおばんです。
癒しの釣りが成立して良かったです。
また来年もぼちぼちと釣りに行きましょう。

Posted by: ori | 2021.12.30 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 播磨灘シイラ | Main | いつのまに »