« 0702蒸し蒸しオフ会 | Main | 0826播磨灘 »

0806播磨灘

8月6日。今年も播磨灘のプチ・オフショアシーズンがやってきた。去年は荒天で予約が三回も流れて9月に一回行けただけだったが、運良く今回は最初の予約で出船可能に。幸先が良い。

Donten0806

今回もMisagoさんと同船。曇天の中小豆島方面へ向け凪の海面をするすると1時間程度走り、まずは時間潰しでタイラバ。生体反応無し。

シイラ狙いに切り替えて水面を注意深く観察しながら船を進めるがほとんどボイル無し。最初の本命ポイントは先行のボートがあり、第2目標へ向かう。ここも道中水面を観察するが、単発ボイルはあるものの大きな群れではなさそうで釣りは成立せず。

第2目標に到着したが、シイラの気配なし。私の竿に小さなシオが一匹掛かっただけ。再度第1目標に踵を返しながら、やはりボイルを探すのだが・・・以下省略。

第1目標に戻ってみると先行者のボートは消えていた。あまり期待せずにフライを投げるとワラワラとシイラが湧いてきた。ここから1時間弱位だろうかちぎっては投げみたいな怒濤の連続ヒット。ここだけ大きな群れが入ってるみたいで本日の状況が全部嘘でしたみたいに釣れる。フライはこの時期のベイトサイズに合わせて用意した#4〜#6程度の小さめなシンセティックのミノーパターンが良かった。

0806mahimahi

とはいえ大きくても60cmない位のペンペンサイズなんだけどね。でも贅沢いっちゃいけない。最寄りの港から出てシイラが釣れるのはありがたいと思わなきゃ。

次第に反応が落ちてきたところで休憩を挟み再度狙ってみるが、今度は反応芳しくなく釣果に恵まれず。流石に擦れたようだ。

ここから岡山よりに帰港を兼ねて移動しながら海面をチェック。やはりボイルは見えない。例年シラスの群れについてボイルしていたりするんだけどなあ。今日は表層に小魚を殆どみない。

そうこうしているうちに小豆島近くのポイントへ。タイラバラストチャンスである。最終一流しでなんとか魚の反応があってアコウとヒラメをゲット。Misagoさんはしっかり本命2枚釣ってました^^;

Hirameget0806

というわけで今年もシイラを堪能できて良かった。

 

【備忘録】
今回釣れたヒラメを一口大にカットしてフライにしてみたのだが、感動的に美味かった。やばいねえ。これは。

Hiramefried0808

|

« 0702蒸し蒸しオフ会 | Main | 0826播磨灘 »

Comments

Oriさん、お疲れさんでした。

いやー、凄い群れだったよね~。
あんなに持久力のあるシイラの群れ初めてと思う。
チビッ子のスクールで好奇心が旺盛だったということかな?笑

Posted by: | 2022.08.09 08:05 PM

Misagoさんお疲れ様でした。
たまたま良いタイミングでフレッシュな群れが入ってきたのかもしれないですねえ。

日頃の行いが良かったのかも(爆)

Posted by: ori | 2022.08.09 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 0702蒸し蒸しオフ会 | Main | 0826播磨灘 »